Way to Doctor

医師の国家試験

医師になる為の試験について説明します

医師になれば、平均年収が1000万円位で、とてもハイグレードな生活が送れるようになるので、とても憧れの資格になります。
試験は毎年1回、2月中旬位の3日間で行われ、3月頃に結果発表があります。
受験資格は、学校教育法に基づく大学において、医学の正規の過程を修めて卒業した者で、簡単に言えば、大学の医学部を卒業した者になります。
日本の大学の医学部を卒業しなくても、海外の大学の医学部を卒業した人も、国家試験予備試験に合格した人は、一定の基準を満たせば、受験資格が与えられます。
問題の内容は、「臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能」から出題され、必修問題、一般問題、臨床実施問題などがあり、選んではいけない禁忌肢もあります。
合格率は85%前後になっていますが、受験するまでの過程が難しいので、それを乗り越える為には、かなりの努力と学費が必要になってきます。
合格して1人前の医師になる為には、見習い研修期間があります。

医師の国家試験に必ず合格するために

医師を志しているならば、国家試験に合格する必要があります。
医学部がある大学に通いながら、知識と技術を身につけるのが一般的です。
けれど、確実に合格するために、通信教育を受講して国家試験に備える傾向も見受けられます。
通信教育のメリットは、医師の国家試験に合格できるように、カリキュラムが厳選されていることです。
そのために、効率的な学習ができますから、確実に合格できる確率が高くなります。
また、通信教育ですから、大学に通いながら、空いた時間を利用して勉強ができるという特徴があります。
通学にかかる負担がありませんし、交通費もかかりませんのでおすすめの方法です。
尚、通信教育を申し込む場合は、必ずカリキュラムや受講料について確認することが大切です。
さらに、実際に利用した方々による経験談はとても参考になります。
特に、合格して医師となった体験記は励みになりますので、通信教育に関する口コミサイトを利用して閲覧しましょう。

recommend

最終更新日:2018/12/19

 


医師の仕事
英会話の必要性
医師の求人情報
医師との結婚について
医師の国家試験
お問い合わせ
Copyright(C) 2015 Way to Doctor. All rights reserved.