Way to Doctor

英会話の必要性

外国人患者も増えている、医師も英会話が必須

以前医師にはドイツ語が必須であるといわれていました。
しかし、英語に共通するものも多く、カルテもドイツ語で記載する、または英語で記載する医師もいました。
現在はカルテ開示などの問題もあり、わかりやすい言葉で書くように病院から指導されているでしょう。
またカルテも以前のように手書きではなく、パソコンで入力するカルテも増えています。
そのためカルテ内での英語の使用は少なくなっています。
また以前は病院といえば、余り外国人は見られませんでしたが、最近は都市部を中心に外国人の姿も多くなっています。
それに伴って、診察の際の英会話の必要性も高まっています。
病院によっては、院内で外国人患者に対する診察などの場面別英会話のクラスがあるほどです。
また医師の活躍の場は病院だけではありません。
海外のいろいろな国に行き、ボランティアなどで活躍を求められることもあります。
そのためにすぐに必要なくても英会話を学んでいると役に立つことがあるはずです。

英会話の努力が必要!医師が海外で活躍することになったら

病院に外国人の方がやってきたら、お医者さんは英語などの言語で対応することがあります。
医師免許を取るには過酷な勉強をしてからやっと通るのですが、さらに英語対応をするために英会話のレッスンを受けて英語力に磨きを掛ける方もいます。
海外から来た患者さんにとって、英語が通じるお医者さんがいることは安心感に繋がります。
もしお医者さんが海外で研究をしたり臨床をしたくて海外に移る計画をしているとします。
そうなると、英会話の能力は必須となり、さらに医学用語を英語で説明できるようになる必要があります。
医学論文を読むのに必要な英単語力を身に着けていくので、日常英会話を身に着ける以上の努力をすることになります。
日本での医療現場では、医師と患者が横向きに座って、直接対面しないような体制で患者の様子を検査しますが、海外では異なります。
しっかりと患者の目を見て、患者の訴える症状を聞き、話に耳を傾ける姿勢が重要になります。

pickup



最終更新日:2020/7/2

 


医師の仕事
英会話の必要性
医師の求人情報
医師との結婚について
医師の国家試験
お問い合わせ
Copyright(C) 2015 Way to Doctor. All rights reserved.